大工で頑張る日々の記録


by shdhhepyea

<   2010年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

いのちを守りたい。

私の友愛政治の中核をなす理念として、政権を担ってから、かたときも忘れることなく思い、ますます強くしている決意です。

今月17日、私は、阪神・淡路大震災の追悼式典に参列いたしました。15年前の同じ日にこの地域を襲った地震は、尊いいのち、平穏な暮らし、美しい街並みを一瞬のうちに奪いました。

式典で、16歳の息子さんを亡くされたお父様のお話を伺いました。


地震で、家が倒壊し、2階に寝ていた息子が瓦礫(がれき)の下敷きになった。

積み重なった瓦礫の下から、息子の足だけが見えていて、助けてくれというように、ベッドの横板を

とん、とん、とんと叩(たた)く音がする。 

何度も何度も助け出そうと両足を引っ張るが、瓦礫の重さに動かせない。やがて、30分ほどすると、音が聞こえなくなり、次第に足も冷たくなっていくわが子をどうすることもできなかった。

「ごめんな。助けてやれなかったな。痛かったやろ、苦しかったやろな。ほんまにごめんな。」

これが現実なのか、夢なのか、時間が止まりました。身体中の涙を全部流すかのように、毎日涙し、どこにも持って行きようのない怒りに、まるで胃液が身体を溶かしていくかのような、苦しい毎日が続きました。


息子さんが目の前で息絶えていくのを、ただ見ていることしかできない無念さや悲しみ。人の親なら、いや、人間なら、誰でも分かります。災害列島といわれる日本の安全を確保する責任を負う者として、防災、そして少しでも被害を減らしていく「減災」に万全を期さねばならないとあらためて痛感しました。

今、神戸の街には、あの悲しみ、苦しみを懸命に乗り越えて取り戻した活気が溢(あふ)れています。大惨事を克服するための活動は地震の直後から始められました。警察、消防、自衛隊による救助・救援活動に加え、家族や隣人と励ましあい、困難な避難生活を送りながら復興に取り組む住民の姿がありました。全国から多くのボランティアがリュックサックを背負って駆け付けました。復旧に向けた機材や義捐金(ぎえんきん)が寄せられました。慈善のための文化活動が人々を勇気づけました。混乱した状況にあっても、略奪行為といったものはほとんどなかったと伺います。みんなで力を合わせ、人のため、社会のために努力したのです。

あの15年前の、不幸な震災が、しかし、日本の「新しい公共」の出発点だったのかもしれません。

今、災害の中心地であった長田の街の一画には、地域のNPO法人の尽力で建てられた「鉄人28号」のモニュメントが、その勇姿を見せ、観光名所、集客の拠点にさえなっています。

いのちを守るための「新しい公共」は、この国だからこそ、世界に向けて、誇りを持って発信できる。私はそう確信しています。

人のいのちを守る政治、この理念を実行に移すときです。子どもたちに幸福な社会を、未来にかけがえのない地球を引き継いでいかねばなりません。

国民の皆さま、議員の皆さん、輝く日本を取り戻すため、ともに努力してまいりましょう。

この平成22年を、日本の再出発の年にしていこうではありませんか。

<喜多方市長選>山口信也氏が初当選(毎日新聞)
<郵便不正事件>厚労省元局長、無罪を主張 大阪地裁初公判(毎日新聞)
「食事が遅い」7歳長男を殴られ死亡 東京(産経新聞)
「スマートグリッド」日米共同事業 日本から31社が参加(産経新聞)
元特捜検事・田中被告の控訴棄却…大阪高裁(読売新聞)
[PR]
by shdhhepyea | 2010-01-31 08:26
 全国犯罪被害者の会(あすの会、会員約380人)は23日、創立10周年の記念大会・シンポジウムを東京都内で開いた。

 岡村勲代表幹事は、08年から始まった刑事裁判の被害者参加制度などを例に「(創立から)10年で犯罪被害者を巡る環境は変わった」とあいさつ。「司法制度が完備されても、(後遺症や医療費で)生活に困る被害者を出してはいけない」と述べ、犯罪被害者への経済支援を拡充する新補償制度創設を求めることを今後の運動方針として決議した。

 あすの会の算定では、犯罪被害者への補償金負担額は、日本では国民1人当たり16円43銭。これに対し、フランス593円、英国550円、ドイツ339円、米国167円となっており、08年から犯罪被害者への給付金が拡充されたものの、欧米諸国の1〜2割程度。

 同会は「欧米に比べると大きな隔たりがある。誰でも犯罪被害者になる可能性があり、犯罪被害者への補償は国民全体で負担すべきだ」と主張。過去に起きた事件で今も後遺症に苦しむ被害者がいることから、さかのぼって補償が及ぶような新制度が必要としている。

 また、これまで同様、凶悪重大事件の公訴時効廃止を求める方針を確認。大会の祝辞の中で加藤公一副法相が「刑事訴訟法改正の法案提出準備をしている。6月16日の通常国会会期末までに成立させたい」と時効見直しに言及し、会場から拍手が起きた。【山本浩資】

阿久根市長「取材での庁舎内の撮影禁止」通達(読売新聞)
福知山線遺族ら意見陳述申し入れ=神戸検察審査会に(時事通信)
<火災>住宅が全焼し男性1人が死亡 宇都宮(毎日新聞)
日航機、引き返す=離陸直後にエンジン異常−沖縄(時事通信)
平均保険料9.34%に引き上げ=都道府県別料率を了承−協会けんぽ(時事通信)
[PR]
by shdhhepyea | 2010-01-29 20:11
 大小の石を敷き詰めた海岸に、素朴な平屋建ての舟小屋が並ぶ。屋根は杉皮と竹でふき、玉石が重し。舟小屋では、舟を風雨から守り、網などの漁具を保管する。

 日本海に浮かぶ「隠岐島」で情緒ある冬の島を撮影しようと島根県に向かった。調べて驚いたのは「隠岐島」という島がないことだった。

 隠岐島は4島の主要な島からなる「隠岐諸島」の通称で、南西の3つの島(知夫里島、中ノ島、西ノ島)を「島前(どうぜん)」といい、水道を挟んで北側の最も大きな島を「島後(どうご)」と呼ぶ。

 島後には約1万6千人が暮らし、隠岐空港がある。舟小屋は、空港から車で約20分、島後の南西にある都万(つま)という漁港にある。

 舟小屋は約20棟。1棟に2隻の舟が入る。高宮司久(もりひさ)さん(73)も自分の舟を置く1人だ。大阪で定年退職後、故郷の隠岐に帰って13年。「今は漁師のまね事をして暮らしています」と笑う。

 高宮さんのお宅に伺うと台所に案内された。「きょう捕れたばかりの魚」と見せてくれたのはタイやメバル、ウマヅラハギなど10匹余り。島の自慢は、うまい魚と美しい海に囲まれた自然だという。

 隠岐は奈良時代の724年、「遠流(おんる)の島」とされて以来、後鳥羽上皇や後醍醐天皇ら3千人以上が流された。都から中国山地を越え、海を渡って行き着くまでに2カ月を要したという。

 特に冬の日本海はしけるときが多く、現在でも本土と島後を結ぶ高速船は12月ごろから春まで運休する。島には船で向かいたかったが、フェリー便に乗る時間がとれず、やむを得ず私は飛行機で海を渡った。

 厳しい自然環境から小さな舟を守ってきた舟小屋は昭和62年、道路計画で立ち退きを余儀なくされた。しかし、小屋の民俗資料的な価値が認められ、沖合へ約5メートルずらして再建された。

 「漁師にとって舟小屋は心のよりどころ。まあ、おふくろのような存在だな」と、東一春さん(55)。ヤスでアワビ、サザエなどを採る。伝統的な漁法「かなぎ漁」の漁師だ。

 舟が木造だった時代は毎日、漁から帰ると舟を小屋に入れた。今は構造材の耐久性が向上し、舟小屋の必要性は低くなった。それでも、舟小屋は島の人たちの心を見守る“おふくろ”であることに変わりない。(写真報道局 飯田英男)

                   ◇

 ≪アクセス≫

 大阪・伊丹空港から隠岐空港まで飛行機で約1時間。フェリーは、島根県松江市の七類港から島後・西郷港まで約2時間半。高速船なら約1時間だが12月中旬から2月まで運休。運行ダイヤなど問い合わせは隠岐汽船TEL08512・2・1122

【関連記事】
春の遍路シーズンの幕開けを告げる小豆島霊場開き
19世紀ドイツの地図も「竹島は日本領」
無人島を所有したい!競売が大反響 広島・呉「三ツ子島」
お龍と童心に返った下関
ツシマヤマネコを保護 対馬・下島で数十年ぶり

<俳人協会賞>榎本さん「祭詩」、栗田さん「海光」に(毎日新聞)
リーダー格か、中国籍の男逮捕=女性遺体事件で3人目−兵庫県警(時事通信)
小沢氏「責任」言及 低姿勢貫き逆風回避 検察・マスコミ批判も封印(産経新聞)
少女を脅迫容疑、龍谷大生逮捕…放火でも追及(読売新聞)
小沢氏批判の金属弾入り封筒、民主党とテレ朝に(読売新聞)
[PR]
by shdhhepyea | 2010-01-28 18:20
 23日朝から岐阜、滋賀県境の土蔵岳(つちくらだけ=標高1008メートル)に日帰りの山スキーに出掛けた滋賀県彦根市高宮町の造園設計業、大越久喜さん(47)と妻の玉代さん(34)が同日中に戻らず、両県警が24日、ヘリなどで捜索。午後3時10分ごろ、滋賀県長浜市に自力で下山した2人を発見した。2人ともけがはないという。

 県警によると、2人は23日夕方には帰る予定だったが、滑る道を間違えて下山できなくなり、持っていたテントを張って夜を越したという。土蔵岳に人工的なスキーコースはなく、2人は山スキーをしていた。

【関連記事】
山の安全願い滝行 富山県警の山岳警備隊
岐阜知事、ヘリ墜落当夜に酒宴 「対応問題ない」
谷川岳で練馬区の男性遭難か 群馬県
3人死亡し3人不明 年末年始の山
北・南アルプスで相次ぐ遭難 年末から「悪天」警告も、捜索も難航 

<加害者家族>NPO団体が調査へ 孤立の実態探る(毎日新聞)
検討委の結果待つ=仲井真沖縄知事(時事通信)
「聴取後に小沢氏会見すべき」渡辺総務副大臣(読売新聞)
振り込め被害、前年の3分の1に…警察庁(読売新聞)
<裁判員裁判>障害ある候補者に手話通訳手配せず 高知(毎日新聞)
[PR]
by shdhhepyea | 2010-01-27 02:53